自家製調味料

やみつき!パクチー万能醤油ダレ

調理時間
3分
費用目安
500円以内

独特な香りがやみつきになるパクチー。今回は、いろいろな料理にかけると最高においしい万能ダレを紹介。
冷ややっこ、湯豆腐、餃子、カルパッチョ、サラダやごはんのお供にも、どんなお料理にもよくマッチしてパクチーを堪能できるやみつき万能ダレ。
パクチーの葉を刻んで、お醤油に浸けるだけ。数分でできちゃう簡単レシピです。さまざまなシーンで楽しんでみてくださいね。

材料 

材料
分量
パクチー
4房ほど
にんにく
一かけ、スライス
醤油
100㎖
ごま油
大さじ2
お好みで、唐辛子
種を取り除いて刻んだもの、少量

作り方

1

保存容器をアルコールで消毒するか、煮沸消毒して置く。

2

パクチーを細かく刻む。にんにくをスライスする。

3

容器にすべての材料(刻んだパクチー、にんにく、醤油、ごま油)を入れて、軽く混ぜ合わせる。完成。

パクチー(別名:香菜/シャンサイ/パクチー/コリアンダー)の原産地・成分・特徴

パクチー
pixabay

パクチーは、地中海東部原産のセリ科の植物(ハーブ)です。
エスニック料理をはじめ、東南アジアや中華料理によくつかわれる野菜です。

種はコリアンダーシードと呼ばれ、スパイスとして使われます。葉、種だけでなく根まで丸ごと食べることができます。
独特の強い香りを持つため、苦手な人も多いと思いますが、好きな人にとってはクセになる食欲をそそる香りです。

主な栄養成分は、カルシウム、リン、鉄分、そしてビタミンAとビタミンCなど。また、薬効効果が期待できる植物としても知られています。デトックス効果や消化促進作用、整腸作用、抗炎症作用、口臭予防などがよく知られています。

食養生では

薬膳・・・パクチー(温)ホルモンバランスを整える食材としても使われます。
発汗作用があり余分な水分の排出を手助けしてくれるため、冷えによるむくみに効果的とされています。

パクチーにはこんな研究結果も!

岡山大学中性子医療研究センターの小野俊朗教授、花房直志准教授らの研究グループによると、パクチーやラベンダーなどに含まれる精油(香り)成分「リナロール」には放射線防護効果があることがわかっています。

とはいえ、健康効果が高く期待されるからといって、パクチーの食べすぎは禁物!パクチーの食べすぎによって下痢や腹痛になることもあるそうです。

 

参考:岡山大学 PRESS RELEASE(平成29年6月22日)「ラベンダーやパクチーに含まれる精油成分に放射線防護効果があることを解明」https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press29/press-170622-1.pdf(令和2年11月20日)

 

Eat Act Tokyo 無料メール登録

自然に寄り添う暮らし・食・健康

ナチュラルセルフケア情報を不定期で配信!

 






アドバイザー

認定講師バナー

Recent posts-最近の記事

  1. 【自然にそった暮らし】第六十一候「閉寒成冬 そらさむくふゆとなる」大雪・初候

  2. 「豆味噌」「豆麹」ってなに?ほかの味噌と何が違うの?

  3. 味噌保存容器どれがいい?種類とその特性、おすすめを紹介!自分に合った容器を選ぼう。