自家製調味料

あったら便利!ショウガみりんの作り方

調理時間
~15分
費用目安
500円以内

温活食材「ショウガ」を使った簡単レシピです。常備しているととっても便利です。
忙しい朝お弁当のおかずを作るとき、スイーツ作りに、お湯で割ってそのまま飲んでもよし。

ショウガを常備して、上手にポカポカ温活メニューを取り入れてみてください。

 

材料

材料
分量
保存用の容器
ジャムなどの瓶
ショウガ
100g
本みりん
200cc

作り方

1

保存瓶を煮沸消毒する。

2

ショウガをきれいに洗う。皮は剥かずにそのまま使う(硬い部分は取り除く)。

3

ショウガをみじん切りまたは、すりおろす(フードプロセッサーなどを使ってもよい)。今回はすりおろしました。

4

すりおろしたショウガと本みりんを鍋に入れて、中火にかける。沸騰したら弱火にして7~8分煮る。

5

7~8分ほどたったら火からおろし、冷ます。その後、清潔な保存瓶に入れて冷蔵保存。冷蔵で1か月ほど保存可能。

ポイント

  • ショウガみりんは冷蔵庫で1か月ほど保存可能ですが、できるだけ早めに使い切りましょう。
  • 火からおろしたら、素早く冷ますのがポイントです。
  • みりんは必ず本みりんを使いましょう。
    みりん風調味料は価格は安く購入しやすいですが、みりん風なのでみりんに似せた調味料になります。

常備しておくととても便利なショウガみりんです。お肉やお魚を食べる方は調理だれに混ぜたり、お菓子作り、飲み物にと、いろいろなレシピに活用できます。

ショウガは、温活食材として有名ですが、生のもの、加熱したもの、乾燥させたものでそれぞれ効果が変わる食材です。そのときの体調、状態に合わせて上手に取り入れてください。

※レシピ画像の写真のショウガは徳之島産のショウガのため、通常のものより少し黄色みが強いものになります。

 

ショウガレシピであったら便利な健康レシピ!】はこちら↓

 

Eat Act Tokyo 無料メール登録

自然に寄り添う暮らし・食・健康

ナチュラルセルフケア情報を不定期で配信!

 






アドバイザー

認定講師バナー

Recent posts-最近の記事

  1. 【自然にそった暮らし】第二十九候「菖蒲華 あやめはなさく」夏至・次候

  2. 【自然にそった暮らし】第二十八候「乃東枯 なつかれくさかるる」夏至・初候

  3. 梅雨こそ、自分を労わって健やかな暮らしの土台作りを