【自然にそった暮らし】第二十八候「乃東枯 なつかれくさかるる」夏至・初候

今回は、自然にそった暮らし、七十二候の第二十八候「乃東枯」について。
乃東枯は、「なつかれくさかるる」と読みます。

二十四節気では「芒種」から「夏至」へと移りました。乃東枯は、「夏至」のはじめの七十二候、初候です。
いまの6月21日~25日ころになります。

七十二候は、自然に寄り添う暮らし方の知恵を紹介してくれています。
そのなかでも、EATでは旬の食材についてご紹介しています。自然にそった食べ方の参考にしていただけると嬉しいです。

二十四節気「夏至(げし)」

夏至

夏至とは、「夏に至る」と書くように、これから夏の盛りへと向かっていくころです。1年でもっとも昼が長く、夜が短い時期です。
暑さは増していきますが、夏至の日を境に日照時間が冬に向かって少しずつ短くなっていきます。

冬至には、小豆かぼちゃを食べる、ゆず湯に入るなどの全国的な風習がありますが、夏至は地域によって異なります。

関東では焼き餅、関西ではタコが食べられています。

七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」

ウツボ草

新暦で6月21日~25日ころ。

乃東枯とは、靫草(うつぼぐさ)が冬至に花を咲かせ夏に花穂(かすい)が黒ずんで枯れるころのことです。乃東(なつかれくさ)とは、靫草(うつぼぐさ)が枯れてきた花穂で、「夏枯草(かごそう)」の古名です。

夏枯草(かごそう)は生薬として、古くから中国や日本で用いられていました。英名で「Heal All、Self Heal」と呼ばれるほどで、利尿、消炎作用、腫物、浮腫、腎臓炎、膀胱炎、うがい薬として用いられています。

旬の食材「夏みかん」

夏みかん「乃東枯」

夏みかんは冬に黄色く色づきますが、その時点では酸味が強すぎるため食べられません。冬に収穫し貯蔵しておくか、木で完熟させることで酸を抜き、冬を越して初夏に食べごろをむかえます。

夏みかんにはクエン酸とビタミンCがたっぷり詰まっています。疲労回復や風邪予防、美肌にもよいといわれています。筋や綿には食物繊維が豊富です。

皮にも食物繊維の一種、ペクチンが含まれているので、マーマレードや砂糖漬け、ゼリーにしていただけます。皮を食べる際は熱湯にしっかりくぐらせ、ワックスを落としましょう。

夏みかんは、ずっしりと重たく、皮にハリのあるもの、全体が均一に濃い黄色に色づいているもの、ヘタが緑色のものを選びましょう。

保存は直射日光の当たらない冷暗所で。冷蔵庫で保管する場合は、乾燥しないようにしっかりとラップで包み、冷やしすぎないようにしましょう。

旬の食材は栄養価も高く、一番おいしいとき!
皆さんは夏みかんで何を作りますか?

「身土不二」暮らす土地の旬の食材をたくさんいただきたいですね!!

 

 

【七十二候とは】
日本には、一年を4つに分けた「春夏秋冬」のほかに、一年を24等分し季節を表す「二十四節気」、さらに細かく一年を72等分した「七十二候」という暦があります。
七十二候は、四季折々のできごとをそのまま名前にしていて、5日ごとに新しい季節に移ります。
日本人は昔から、七十二候を田植えや稲刈りなど農耕の目安にし、節分やお彼岸、土用など季節の節目を知る暦として使っています。今では私たちの暮らしの中に溶け込み、馴染み深いものも少なくありません。また、七十二候では、植物や生き物たち、旬の食材などが紹介され、こまやかな季節の移ろいを感じるとることができます。
気候変動によって気候の変化も大きい現代には、少しずれているところもあるかもしれませんが、自然に寄り添う暮らしを思い出させてくれる知恵がいっぱいつまっています。

 

参考:白井明大・有賀一広(2020)『日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー』角川書店.

 

 

写真=pixabay
文=板倉由佳

EAT

Eat Act Tokyo 編集部 I つくる喜び、たべる楽しさ『自然にそった食べ方、暮らし方』をテーマに季節の食材を使ったレシピや心地よい食べ方を発信。私たちにも、地球にも、やさしい食べ方や暮らし方をご紹介しています。

関連記事

Eat Act Tokyo 無料メール登録

自然に寄り添う暮らし・食・健康

ナチュラルセルフケア情報を不定期で配信!

 






アドバイザー

認定講師バナー

Recent posts-最近の記事

  1. 【自然にそった暮らし】第二十九候「菖蒲華 あやめはなさく」夏至・次候

  2. 【自然にそった暮らし】第二十八候「乃東枯 なつかれくさかるる」夏至・初候

  3. 梅雨こそ、自分を労わって健やかな暮らしの土台作りを