発酵食

砂糖不使用!インナーケアにも「クランベリー甘酒ジャム」のレシピ/作り方

調理時間
30分ほど

発酵食品「甘酒」を使って作る砂糖不使用のクランベリージャムの作り方です。
砂糖を使う甘いジャムが苦手・・・という方や、食べてインナーケアを、と普段から健康に気遣っているという方にも愛されるレシピです。

甘酒の甘さの秘密は、お米に含まれるデンプンがブドウ糖に分解されたため。甘味料として料理やスイーツに使用すれば、お砂糖いらずの体にやさしいレシピの完成です。ぜひお試しください。

材料

材料
分量
フレッシュクランベリー (または冷凍)
150g
甘酒
1カップ~お好み

作り方

1

クランベリーと甘酒の半分の量を鍋に入れて30分ほど煮る。

2

残りの甘酒を入れて、さらに水分を飛ばし火を止める。

3

粗熱が取れたら(50℃くらいになったら)容器に詰める。完成。

保存方法など

クランベリー甘酒ジャムアレンジ瓶に詰めた状態で冷蔵庫に入れ、約2週間ほど保存可能です。
煮沸消毒した保存瓶で、しっかりと真空処理すれば半年ほど保存可能になります。

生で手に入る季節はぜひ生のもので試してみてください。冷凍のものでも作ることが可能です。

9月~11月くらいの時期にしか手に入らない生のクランベリー。
アメリカやカナダなどでは収穫祭でクランベリーソースと鶏肉をいただいたりします。

また、パンに添えて食べるだけでなく、上記写真のようにグラノーラなどに混ぜていただくのもおすすめです。

クランベリーは、「プロアントシアニジン」と「キナ酸」というポリフェノールの働きにより、尿のpHバランスを酸性化し、細菌の増殖を防ぐ効果が期待できるそうです。膀胱や尿路の感染症の予防の作用が期待できるといわれています。

自家製の甘酒などを使用するとより健康的でおいしいクランベリー甘酒ジャムが完成しますよ!

Eat Act Tokyo 無料メール登録

自然に寄り添う暮らし・食・健康

ナチュラルセルフケア情報を不定期で配信!

 






アドバイザー

認定講師バナー

Recent posts-最近の記事

  1. 【自然にそった暮らし】第二十九候「菖蒲華 あやめはなさく」夏至・次候

  2. 【自然にそった暮らし】第二十八候「乃東枯 なつかれくさかるる」夏至・初候

  3. 梅雨こそ、自分を労わって健やかな暮らしの土台作りを