保存食/常備菜

今すぐできる常備菜「玉ねぎのポン酢漬け」作り方

調理時間
3分

簡単でいつでもすぐできる常備菜に、玉ねぎのポン酢漬けをご紹介します。

このままサラダや冷ややっこの上にのせたり、グリルしたお魚やお肉に沿えたり、南蛮漬けに、という具合にあると便利な玉ねぎポン酢漬けです。 わが家は1年分まとめて自家製ポン酢を作るので、新玉ねぎの季節や、玉ねぎがたくさんあるときに常備しています。
※市販のポン酢でも作れます。

スライスして漬けるだけなのにおいしい! とっても簡単なレシピですのでぜひお試しください。

材料(好みの量)

材料
分量
保存瓶
煮沸消毒したもの
玉ねぎ(または新玉ねぎ)
好みの量
ポン酢
玉ねぎが浸かる分
唐辛子の輪切り
好みで

作り方

1

玉ねぎをスライスする。

2

1を清潔な瓶に詰め、ポン酢を加える。 玉ねぎが全量浸かるようにポン酢を注ぎ入れる。

3

ひと晩冷蔵庫において完成。 その後も冷蔵保存がおすすめ。 10日以内をめどに早めに食べきること。

作るときのポイント

  • 玉ねぎは薄くスライスしたほうが味が馴染みやすい
  • 今回のレシピは自家製ポン酢を使用しているが、市販のポン酢でよい
  • 唐辛子の輪切りはお好みで入れる。 小さなお子さんがいらっしゃる家庭は省いてよい
  • 残った漬け汁は、マリネやドレッシング、ソースに。 玉ねぎの水分がでてくるので早めに使い切ること

漬け汁まで丸ごと使える常備菜です。

 

 

 

 

Eat Act Tokyo無料メール登録

自然に寄り添う暮らし・食・健康

ナチュラルセルフケア情報を不定期で配信!

 






アドバイザー

Recent posts-最近の記事

  1. アーユルヴェーダの時間帯別性質と過ごし方

  2. 【自然にそった暮らし】第五候「霞始靆 かすみはじめてたなびく」雨水・次候

  3. 【自然にそった暮らし】第四候「土脉潤起 つちのしょううるおいおこる」雨水・初候

  4. 【重要なお知らせ】Gmailを利用されている皆さんへ

  5. 【ご感想紹介】2024年1月7日開催 アーユルヴェーダで学ぶ「消化」ウェビナー